可愛らしす・ぎ・る・愛犬との日々
http://kawairasi.blog86.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
早いもので
2月4日はてりが亡くなって3回目の年になりました。

昨年の10月には自分の婆さん(母親)も亡くなりました。

婆さんの墓とてりの墓がすごく近いんです。

まぁ、、
うちの婆さんは動物全般を怖がっていたので、、
あの世で仲良く?とはいかないかもしれませんが、
こちらとしては
なんとなく遠いより近いほうがいいのかもしれません。

わんこ、ほしいけど、、
いないことにも慣れてきました。
残された爺さんのめんどうも看なきゃいけないし、
初老の自分もいっぱいいっぱいなので
まぁ、、今はいいかな、、、と思います。

生きてる犬は無理だけど、
新たなうちの一員、
ルンバという犬種?のお掃除ロボット「つーぼー」を1月にむかい入れました。

つーぼーはとてもよく働いてくれてます。
時々バスマットを連れて歩いたりスリッパを蹴落としたりしてくれてます。

けなげな丸いつーぼー
かわいらし♪
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
自作のフェルトてり、
額に入れてましたが
置き場を選ぶ、、ってことで
マグネットにしました。

マグネットなら、
冷蔵庫のドアに居られる。
てりの周りには美味しいものがいっぱい。。。

ラーメンとパン、チキンや寿司の比率がおかしいけど、ごあいきょう。
002_20150225152947fc9.jpg
 

 

 

 

 
ご無沙汰してましたの、明けましておめでとうでした。

今日はてりの2回目の命日です。
もう丸2年経ちました。

最近
三谷幸喜のありふれた生活12 とび
を図書館で借りて読んでました。

とびとの別れの刊です。
芝居の話はあまり興味が無いので面白そうなところだけかいつまんで飛ばし、
とびのところだけを読みました。

てりとだぶるだぶる。
うるうるのずるずるになりました。

てりーとの楽しい日々、懐かしい。。。(T_T)

vcm_s_kf_repr_640x480_20150204233655eeb.jpg

いつぞやの水しぶきと薄目のてり
可愛いっ。。。


年賀状も実は登場させるつもりだった。
tubo.jpg
こんな感じで編集をば、、、

だけど、
いつまでもそれはどうなんだろうと、ふと思いました。

そんなことをしていたらば、
てりだって、
あの世で呑気にしていられないんじゃないかって、、、、。
で、
やめました。

そんで、
馬鹿ついでに孫を載せました。。。(*´∀`*)
022_201502042331396f0.jpg

今年もよろしくです。 

 

 

 

 
ご無沙汰してます。

突然ですが、今日てりの夢を見ました。
普通に会えた夢。

その時は覚えておこうと思ってたけど、
ありがちな事に
あとから思い出そうとしても、その内容は忘れてました。

どこかへいったのです。
別宅みたいなところ、馴染のところです。
実家でもないんだけど、
そのようなところ。
そこでひょっこり出てきました。

「ここに居たの?」ってびっくりな自分。
てりはいつもの普通の感じ。
嬉しくて抱きついてにおいを嗅ぎました。
そうそう、こんなにおいだったよぉ~♪

あ~~~いい夢だった!!


DVC00099.jpg
 

 

 

 

 
孫も大きくなりました。
フェイスタイムでは歯をカチカチ言わせると笑います。
婆は叫びっぱなしです。

めんこいめんこい。

IMG_2478.jpg
髪飾りもして可愛くお雛様に♪

IMG_2454.jpg
でも普段はこんな感じ。
すごーい♪
かわいいーー♪
何でも可愛い――っ♪

あははははは♪ 

 

 

 

 
早いもので
てりが逝ってしまって今日で一年が経ちました。

近所の中華屋のエビチリを羊毛てりに。。

IMG_2250_201402042321411b9.jpg

「はぁ?」って感じです。。。
しかもピンボケだし。。。
( ;´Д`)

相変わらずいい加減な飼い主でごめんなさいです。 

 

 

 

 
気がついたらもう2月になろうとしているのであわててこれを書いています。

今更ですが今年もよろしくお願いします。


今年はちょい前まで積雪ゼロでした。
去年はけっこうだったのに。。
てりは雪が好きだったからそれもまた良かったのでしょうか。。

今年は喪中でしたのでそれなりのはがきを出しました。
お義母さんは胡蝶蘭が大好きだったのです。

2パターンですが、ほとんど右のものです。
あくまでこれは友人ということで、親戚筋はてりーなしです。( ;´Д`)
一般的には犬と言われているらしいてりなので一応そうしました。

IMG_2234_201401311538568c8.jpg
携帯で撮ったので撮ってる自分が見え見えで失礼します。

もうすぐてりが逝ってしまって1年が経とうとしています。
ついこの前
てりの兄妹もここ最近亡くなったと言う話を聞きました。
びっくりしました。
兄妹情報なんかこれまで耳にしたこともなかったのに。。。

あちらで仲よく遊んでいてくれたらと思います。

 

 

 

 

 
てりが生きていた2013年も終わろうとしています。

忘れない2013年。
てりと暮らした最期の年。
自分が死ぬまで忘れることはないと思います。

てりを知る友人知人の方々へ
大変お世話になりました。
ありがとう!

てりは永遠です!!



良いお年を♪ 

 

 

 

 
連日iPhoneの向こうの可愛い孫に吠えてる自分ではあるけれど

去年のこの季節、
てりも弱った体で何とか頑張ってくれていたことを思い出す。
深夜、早朝と
てりを担いで外へ出て排泄させたっけ。
雪が降った時はコンパスみたいに体を転がしてた。
好きな外の氷も食べてたっけなぁ。。

タイトルの三谷幸喜の愛犬「とび」
てりと同じころ死んじゃってたって話を何かで知って。。
ラブラドールを飼ってることはなんでか知ってたんで
気になって色々調べてみた。

どっかの新聞に連載してた「ありふれた生活」
ここに愛犬「とび」とのことも書かれてる。
f0250403_10195076mmm.jpg
とびのことが気になったので
図書館へ行って本を借りて読み始めた。
なんだかてりと年も同じ位みたい。

ずいぶんしつけに苦労したみたいだし、
病気を繰り返してきたみたい。

てりは身体は丈夫だったし、
おっとりしたわんこだったから
さほど大変なこともなかったような気もするけど
それでも小さいころからの話はてりと暮らしてきたこの14年とダブる。

自分はいつか自由な時間がもてるようになったら
またわんことの生活もしたい気持ちはあるけれど
今日オヤジが酒を飲みながら言うには
「もう最期の頃が可哀相で耐えられないから飼いたくない。」
などと言っていたのでなんだかびっくり。

ただ
最初で最後の唯一のわんこがてりであっても
それはそれでいいとは思ってるけれど。。

DVC00161.jpg

 
テーマ * わんことの生活 ジャンル * ペット

 

 

 

 
孫がいる沖縄へしばらく行ってきました。

北の端から南の端へ。。
今更ながら
なんでまたそこなのか、、、、、というかんじです。

沖縄
暑い。。。
想像以上に暑い!!!
帽子やカーディガンでのUVケアなんて
暑すぎてとてもじゃないけどやってられず、
黒い服は先に帰るオヤジに全部持って帰ってもらい、
強い日差しに真っ向からでこも顔もさらけ出して沖縄の街を毎日歩き周ってました。

孫は
ちょっとこんな新生児見たことがないってくらい、すこぶるめんこちゃんでした。(笑)
そういった意味で、ここ「可愛らしすぎる。」に投稿しています。(≧∇≦)
IMG_1380_201309291442134fd.jpg
初老の汚い婆の足と可愛らしすぎる生まれたての孫娘の足。

そんなやつぁーいないレベルで自他共に認める乗り物3歳児な自分。
今回、死ぬ思いで一人で帰ってきて思いました。

世の中そんなに甘くない。
「乗り継ぎの時間は余裕のある便で早い時間にしよう!!」を肝に銘じようと思います。

オヤジは台風の影響でまさかの羽田で一泊、
寝ずのキャンセル待ちで次の日の朝、地元に帰ってきました。

自分
羽田での乗り継ぎが35分しかないところ、沖縄からの出発が20分遅れました。
あと15分。
大丈夫なのか?待っててくれるの??
スッチー「あちらも承知していますので、、」とか言うけど大丈夫とは言わない。
みんなわからなかったら搭乗口まで連れてってくれるって!!
とか言ってたけど、
そういう雰囲気はまるでなく、
必死にとっとと降りて
「旭川行きの方~帯広行きの方~いますかぁ?」とか言ってるにいさんに
「釧路なんですけどぉ!?」と言うと
「35番いってくださーーい」
「どっち?}
「あっちです。」
必死に動くエスカレーターを下がるパンツを上げながらいくつも走って35番へ走りました。。

これも端から端だったような。。。

航空会社はかなりいい加減でアヤシイことがわかりました。

オヤジは待つ場所を再度聞いたら最初に言われた場所と違ってて慌ててそこへ行きギリセーフだったとか、
自分も沖縄で羽田乗り継ぎの際の保安検査を確認で聞いたら
実際しなくていいのに「またします」とか言われたし、
適当な返答に翻弄されました。


19:30、やれやれで着いたら
名前を呼ばれて
「お荷物が間に合いませんでした。」ってことで空手で帰ることに。
なんでもありかとこの頃は悟れるようになってた。
耳鳴りすごくて話出来なかったし。。

ハードだったのはこれからで、
お迎えのオヤジの車に乗り、廻る寿司を食べて帰り洗濯して就寝。

次の日の早朝ヘルパー任せの爺さんに5分だけ会い、
その後、

7:00 車で旭川へ出発。

12:00 旭川実家で昼食
14:30 49日法要。坊さんの話を聞く。

終えて高速で札幌へ出発。

義弟家に集合し夕食。

21:00 友人宅へ用足し

その後娘2の部屋で就寝。

次の日
9:00 義弟家へ集合
     2台 全員で高速で小樽へ

11:00 酔い止め飲んで船に乗り遺言通り義母の散骨式 
      天気も良く観光などもあり良かったです。充実してました。
      沖縄の海でも一部散骨、義妹と甥っ子でスイスはマンハッタンでも一部散骨。
      グローバルです。
      義母は幸せかなと思います。
 
13:00 全員で小樽カマエーで食事。
      蕎麦が釧路は東家にも似て美味しいのが意外でした。 
      義弟家族と解散 
      娘2ともさよなら
      義父義妹家族を乗せ再び旭川へ

16:00 旭川へ着き
      義理家の庭の葡萄(ポートランド)を狩り釧路へ出発。

21:00 閉店間際のスーパーへギリ突入、半額ものの夕食を調達。

21:30 帰宅 食べて風呂入って寝る。       


えらいハードでした。
こんなことは二度とないと思います。
暑すぎて短い髪を集めて縛ってた沖縄。
小樽の海、船の上でダウンを着てました。
もうわけわかんないです。

ただ、
今までよくわからなかったけど、
北海道は食べ物が美味しいってこと(とくにここ)
今回のことで本当に実感しました。

沖縄の蛇口から出る水が永遠にぬるいことにびっくり。(冬は冷たくなるらしい)
蕎麦屋が見当たらないわけです。

地元の東家のそばが食べたくて仕方がありませんでした。


それにしても
てりがあのまま闘病中だったら、
こうやって沖縄にも行けなかったし、
義母の法要だって、、、
そうしたらどうなってたんだろうなぁ。。、と思いました。

最期までてりは親孝行だなぁ、って思いました。(T_T) 
テーマ * わんことの生活 ジャンル * ペット

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 可愛らしす・ぎ・る。, all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。