可愛らしす・ぎ・る・愛犬との日々
http://kawairasi.blog86.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
あれから。。。


ピンクのTシャツを着た夜、就寝のため、自分はつぇりを2階に呼んだのだけど、
なかなか来ようとしない。。。
しかし自分は眠い。。抱っこはできない。。
オヤジには、つぇりが来たら部屋へ入れるようにと、オヤジの部屋のドアを開けて。。。
「よろしくーーー。」と、、
「つぇりーーーー早くおいでよー。」と叫びつつ、自分はベッドに入りました。

んで、、しばらくして2階に上がってきた足音を聞く。
「パパのところへ行きなさいよーー。」と、自分の部屋に来たつぇりを、暗闇の中、頭をなでて、、、寝た。

そして朝、オヤジの部屋ではなく、隣の空いてる部屋のベッドに素っ裸(本来の姿)でつぇりは居たのであった。

「ひえーーーーーシャツ着てないーーー!!」と叫ぶとオヤジさんも起きてきた。
「傷は!?」
ていねいに舐めてマッカッカパックリ  ゜Д゜)
「包帯は!?」
「ないよ。」
「食っちゃったのか?」

階下の居間にありました。@´Д`@



シャツはそのベッドの上にあり、、このような状態です。

111_1120.jpg


それから毎日病院です!!

ガーゼ&包帯なので、毎回傷汁が漏れてる。
医者に「厚みのあるナプキンのようなものを当てた方がいいと思うんですよね。」って言った自分も悪いんだけど、、
「そうだねぇ。。」と、ドア一枚で入れる自宅に戻った医者。
看護婦さん(?)に「まさか、、?そうなの?」「そうなんじゃないですか?」
その間「●リエがいいと思う。」「笑」
そのまさかで、、その間1分も待たなかったよ。
そういうものの場所を的確に知っているんですね。。不思議でした。
奥さんのモノは、知らないメーカーでした。(ウイングつきです)
「色々あって、、よくわからないんだけど、、あれ、どうなってるんだろ、わからないな」と医者が言うので、
「その上の紙は取らないほうがいいと思います。くっつくので。」ってアドバイスまでしてしまいました。

でも、考えたら、そういうものに匹敵するような医療用のものって無いのだろうか??
「。。のようなもの」ってつもりで言ったのだからして。。
人間様なら、許せないね。絶対。ありえないだろうけど。。
動物病院なんだね、やっぱり。。でも、、
もしかしたら臭うトイレから持ってきたかもしれないし。。

何か解せません。。

けど、



あ、でも、この脂肪腫は良性といわれ、、とても安心しました。

皆様、ご心配ありがとうございました!!

そういうことで、諦めてそれはチャラにします。

毎日よその奥さんのモノをあてがわれても、「良性だからいいじゃんか、、」って思うようにします。(T▽T)



飼い主のいる前では、つらっとこいて何もしないのに、(昼間はシャツだけでも留守番をしたのに)暗闇ではもう絶対油断できないのだなと。。

しばらくは可哀想だけど、、きちんと、エリザベス生活を送る事にしました。

111_1122.jpg

反対の前足は手術の際、点滴の為剃られてましたが、そこも舐め舐めして真っ赤です。。

スポンサーサイト
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 可愛らしす・ぎ・る。, all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。